全身脱毛イメージ

自己処理が大変なので、脱毛サロンか医療レーザーでの全身脱毛を検討しています。

全身脱毛するなら、どちらがお勧めなのでしょうか?

また、クリニック脱毛とサロン脱毛の違いを教えてください。

プロに脱毛をお任せする、というとき、脱毛サロンとクリニックという2つの選択肢がありますよね。

どちらも一長一短あり、特にどちらがお勧めということはありませんが、予算や目的、希望に応じて、ご自身に合った方を選ぶことが重要になってきます。

脱毛サロンとクリニック、何が違うの?

一般的な脱毛サロンと脱毛クリニックのもっとも大きな違いは、脱毛の時に使う機械。どちらで使われている機械も「毛根に光を照射し、毛が生えてこない状態にする」という基本的な仕組みは同じですが、出力の強さがまったく違うというのが一番大きな違いです。クリニックでは医療行為が可能なため、出力の高い脱毛機を扱うことができるのです。出力が高いということは、毛根に与える効果もそれだけ高いということ。このため、クリニックでの施術のほうが1回の脱毛効果も高いですし、全身脱毛の期間も短く、永久脱毛が可能になります。ただし、出力が高さは皮膚への刺激や痛みと関連しています。クリニック脱毛はすぐに効果が出るけれども痛みは強くなります。サロン脱毛は結果が出るのに時間はかかるけれども肌にやさしく痛みが少なくて済みます。

サロン脱毛&クリニック脱毛、かかる金額の違いは?

永久脱毛ができて、施術の回数が少なく効果的に全身脱毛ができるクリニックでの脱毛は、脱毛サロンでの全身脱毛よりもかなり高額になります。最近は脱毛サロンの数が増え、価格競争が厳しくなってきているため脱毛サロンは低価格化がどんどん進んでいるため、クリニックとサロンの料金の差は年々開いてきています。しかし、脱毛サロンを競合としてとらえているクリニックでは手頃な価格で脱毛ができるプランを提案しているところも。サロンよりは高いものの、一昔前に比べると格段に安い金額で医療レーザー脱毛ができるクリニックも出てきています。多少時間がかかっても、価格を抑えて全身脱毛したいなら脱毛サロン。お金がかかってもいいからすぐに効果が出る永久脱毛が良いならクリニックでの医療脱毛がお勧めです。

メリット&デメリットのまとめ

最後に、サロン脱毛とクリニック脱毛、それぞれのメリットとデメリットをまとめておきましょう。脱毛サロンのデメリットは、永久脱毛ではないため、数年経つとムダ毛が生えてくる可能性があることと、脱毛完了までに数年もの時間がかかること。メリットは、脱毛機の出力が強くないため肌への負担が少なく、料金面でも手頃に全身脱毛ができることです。クリニック脱毛のデメリットは、全身脱毛にかかる料金が高額なことと、人によっては肌にトラブルが起きる可能性があること、施術時の痛みが強いこと。メリットは、脱毛効果が高いため永久脱毛が可能なことと、医療機関なので肌トラブル時に医薬品を使って効果的な対処が取れることです。ご自身の希望にあったお店選びの参考になさってください。