脱毛サロンカウンセラー

脱毛サロンで脱毛したいと思っているのですが、エステサロンは勧誘がきついと聞き、行くのが怖いなと感じます。

もし勧誘されたら断り切れる自信がありません。

脱毛サロンの勧誘を上手に断るには、どうすれば良いでしょうか?

初めて脱毛サロンで行くとなると、勧誘が不安になるのは当然ですよね。

以前に比べるとあからさまな勧誘は減ってきていますが、それでもコースの案内や関連商品などの紹介という形で勧誘をしてくるサロンはやっぱり存在します。

勧誘方法は決して強引ではなく、ちょっとだけ紹介させて下さいと軽く始まる場合がほとんどですが、なかには強引に話を進め最終的には無理に入会させられてしまった、あるいは、欲しくない関連商品を購入してしまったなどということもあります。ここでは、勧誘を上手に断るための3つのポイントをお伝えしますので、ぜひ参考になさってください。

体験だけという意思をハッキリ見せることが大切

無料体験などに参加する際には、入会などを勧められてもハッキリと断る意思を持って臨むことが大切です。どれだけ親切丁寧なカウンセリングや施術であっても、入会について少しでも躊躇している場合には、はっきりと「しばらく考えてからにします」と言うようにしましょう。このときに、人が良い方などは、勧誘を断りきれずに入会をしてしまったというパターンもあるので、断る自信がない方は友人に付き添ってもらい勧誘された時点で歯止めをしてもらうのも効果があります。

施術中にほかの部位の脱毛を勧められたら?

体験脱毛だけのつもりなのに、施術中にほかの部位の脱毛まで勧められてしまうこともあります。こういう時には、「最初からワキだけの脱毛と決めていた」「両親に相談をしてからでないと決められない」などと、相手が何も言えなくなる言い訳を考えておきましょう。また、施術後には、本入会の勧誘がしつこいこともあります。この場合にはあらかじめ施術が終わる時間にアラームをセットしておき、これからすぐに予定が入っているから時間がないと伝えるのが効果的です。

どうしてもしつこい勧誘には

どんなにしつこい勧誘をされた場合でも、「考えておきます」などの曖昧な言い方は絶対にしてはいけません。とにかく今日は帰るという意思をしっかり見せれば、相手も諦めてくれることでしょう。万一、断りきれずに契約をしてしまった場合には、クーリングオフなどが可能となることもあるので、消費者センターに相談してください。