ワキ光脱毛

全身脱毛したいのですが、サロンへ行って人に体を見られるのが恥ずかしいです。

できれば、人に見られず自分でこっそり処理できればと思っているのですが・・・

家庭用脱毛器で全身脱毛することはできるのでしょうか?

全身脱毛となると、乳輪回りやVIOなどのデリケートゾーンも含まれるため、サロンで脱毛するのが恥ずかしいという方もおられます。

できることなら家庭用脱毛器で脱毛したい、という女性も多いですが、実際のところはどうなのか、調べてみた内容を回答します。

いろんな種類で便利に使える家庭用脱毛器が増えている

最近は家庭用脱毛器の種類が増えてきているため、自宅でも全身脱毛ができる便利な時代になっています。家庭で使用する脱毛器にはいろいろな種類があり、サロンやクリニックで使用する脱毛機と同じ仕組みの、フラッシュレーザータイプのものもあれば、電流によって毛根にダメージを与えるものなどもあります。また持ち運びに便利なコンパクトなものから、業務用?と思わせる本格的な大型タイプのものまで、いろいろです。気になったときにいつでも自宅で、手頃に使える便利な家庭用脱毛器は、忙しくて脱毛サロンに通えないという女性の心強い味方にもなっています。

家庭用脱毛器で全身脱毛は可能なのか?

種類も多く、性能も高くなってきた家庭用脱毛器ですが、実際のところ、家庭用脱毛器を自宅で使って、全身の毛を自力でくまなく脱毛するのは難しいでしょう。その理由としてまっさきに挙げられるのは、出力の強さの問題です。家庭用の場合、安全性を高めるために出力を下げているため、サロンでの施術よりもさらに実感度は下がります。サロンに通えば1回で脱毛できる場合でも、家庭用脱毛器だと3回は見ておく必要があるため、とにかく時間がかかります。根気よくお手入れを続けても、太い毛がなくなり、細いうぶ毛に近い状態になってくると、家庭用脱毛器では脱毛できなくなってきます。

見えない部分はセルフ脱毛が難しい

足や腕など、自分の目で見ながら確認できる部位のセルフ脱毛は比較的簡単にできますが、ワキはともかく背中やVIOといった部分の脱毛を自力でやるのは困難です。特に背中は、肉眼で確認することができないので脱毛器を当てるのも危ないですし、照射ムラが出たり、正しく照射できないなどのトラブルも発生しがち。デリケートなIラインやOゾーンは粘膜の面積が広いため、家庭用脱毛器で脱毛することはできないと明記されています。自力で脱毛すると腫れや痛みが出ることもあり危ないため、プロに脱毛してもらうべき場所。自分で見える部位をセルフ脱毛するのは良いでしょうが、全身丸ごと脱毛したいとお考えであれば、仕上がりの面でも、安全面でも脱毛サロンで脱毛するのがお勧めです。