脱毛イラスト

長年自己処理を続けてきたところ、ワキに埋没毛ができてしまい、自己処理ではどうにもならなくなってしまいました。

見た目がよくないのでどうにかしたいのですが、脱毛サロンで脱毛すると、埋没毛をなくすことができるって本当なんでしょうか?

自己処理を続けていると、埋没毛の悩みはどうしてもでてきてしまうものですよね。

埋没毛ができてしまう理由と、サロン脱毛することで埋没毛がどうなるか、まとめてみます。

皮膚の下の黒ゴマ?埋没毛ができてしまう理由

自分でムダ毛の処理をしたときに目立ってしまうのが埋没毛です。皮膚の下でいろいろな方向に向かって生えてしまった毛が、肉眼でも黒ゴマのように見えてしまって、見た目にも美しくない状態になっています。なぜこのような状態になってしまうのか、その理由は、本来なら毛穴に向かって生えるべき毛が、カミソリなどの刃で毛先が尖ってしまい、皮膚を傷つけあらぬ方向に生えてしまうことが大きな原因です。また、毛抜きを使用する場合にも埋没毛が目立ちますが、これは、毛を抜くことで皮膚にダメージを与えてしまっていることで、皮膚の自己防衛作用で毛穴が閉じてしまい、これによって次に生えてくる毛が外に出られないことで生じてしまいます。

埋没法は絶対に自分で抜いてはダメ

ゴマのような埋没毛が気になるからと、なかには自分で毛をほじって無理やり出そうとする方もいるようですが、これは絶対にやってはいけないこと。毛をほじるということは、皮膚を傷つけることですから、そこからばい菌が入り、炎症を起こしひどい場合には化膿してしまいます。化膿してしまった皮膚は、痛いだけでなく見た目は赤くただれ、埋没毛の状態よりもさらに醜い状態になってしまいます。一度できてしまった埋没毛は、時間とともに皮膚の表面に出てくるものもあるので、まずは様子を見てその後の対策を考えましょう。

脱毛サロンの脱毛なら埋没法は解決できる?

埋没毛を作らず、キレイにムダ毛の処理がしたいのであれば、脱毛サロンでの脱毛をお勧めします。サロンの施術法は、特殊な光を毛根のメラニンに照射させることで、毛根を破壊し毛を生えにくくさせる方法なので、埋没法になる心配はありません。また、埋没毛ができてしまった後でも、光が埋没毛に当たることで皮膚の下に埋もれた毛に刺激を与え、ターンオーバーと同時に毛が表面に出てくるようになるので埋没毛が簡単に解決できます。