女性

脱毛サロンで脱毛してもらう前には、自己処理をしていく必要があると友達から聞きました。

これから脱毛するところなのに、どうして自己処理が必要なのかよくわからないのですが、もし、脱毛前の自己処理を忘れてしまったら一体どうなるんでしょうか?

脱毛サロンで施術を受けたことがない場合、確かに、これから脱毛するのになぜ自己処理が必要なのか、よくわかりませんよね。

サロン脱毛で自己処理が必要な理由と、忘れてしまったときにどうなるか、お答えしていきますね。

施術前の自己処理はなぜ必要なの?

多くの脱毛サロンでは、施術前日もしくは2日前に施術部分の自己処理が必要です。サロンでの施術は、脱毛機器から発する特殊な光を毛根にあてることで、ダメージを与え毛が生えにくくするという仕組みのため、必要以上に毛が生えていると、光が直接毛根にアプローチできず脱毛効果が半減してしまうからです。施術で脱毛効果を得るためには、0.2cm程度の長さを残しておくのがベストです。これ以上に長いムダ毛があると、脱毛効果半減のほか、光照射の範囲も広がり皮膚に痛みをともなうこともあるため、施術前の自己処理が必要になります。

自己処理を忘れた場合には施術キャンセルになることも

自己処理を忘れてしまった場合には、サロンに行ったとしても施術を断られることがあります。施術をしても効果がない可能性が高くなるからです。なかには、自己処理を忘れてしまった方のために、サロンで剃ってくれるところもありますが、衛生上の問題で、その場で新しいシェーバーを購入する必要があり、余計な出費がかさんでしまいます。このような事態を避けるために、自己処理をしておくことは当然ですが、万一忘れてしまったという場合には、自分のシェーバーを持参するようにすれば、無駄な出費も避けられます。ただし、サロンによっては当日の処理では施術をしないというところもあるので、自分が通っているサロンのシステムを先ずはしっかり確認してください。

シェービングサービスがある脱毛サロンもある

このような理由で、せっかくの施術日を無駄にしないために、最近ではシェービングサービスがコースに入っているサロンもあります。サロンによっては剃り残しがあると施術をしないところも少なくありませんが、シェービングサービスを設けているサロンでは、施術者が丁寧に処理をおこなってくれるので、自分でやる必要もなく便利です。施術前の自己処理が面倒だと感じる方や、忘れてしまいそうだと不安な方は、こうしたサロンを選ぶのも一つの方法です。